Blog記事一覧 > 足首の痛み > 足首の捻挫の初期対処

足首の捻挫の初期対処

2015.05.16 | Category: 足首の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院、院長の竹野です。

本日は、雨ですがスポーツが盛り上がる季節になってきましたね。

nennza001

今日は、足首の捻挫についてお話しします。

足首の捻挫も色々と種類があるのですが、大きく2つあります。

①内反捻挫

②外反捻挫

 

特に、多いのが内反捻挫になります。

足の裏側が内側向いて、グキッと内側に捻れてしまうものです。

スポーツで捻ってしまう人もいれば、

女性の場合はヒールで捻ってしまう人もいます。

足の外くるぶしに痛みが出て、熱を持ったり、腫れたり、

酷いと歩くのも痛い!という捻挫です。

軽度なものから、重度のものまであります。

 

どんな程度であっても、初期対処はとても大事です!(本当に大事!)

まずは、冷やすこと安静にすることです。

そして、必ず医療機関を受診することが大切です。

捻挫をなめたら危険です!

 

捻挫は初期対処が本当に大切です。

当院では、初期対処〜再発予防まできっちり行います。

捻挫はほっとかず、必ず治療しましょう!

当院へのアクセス情報

所在地〒135-0016 東京都江東区東陽4-1-2 大朋ビル8階
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5632-6688
休診日日曜・祝日