Blog記事一覧 > 東陽町すこやか整骨院 > エビデンスに基づいたスポーツ障害診断

エビデンスに基づいたスポーツ障害診断

2015.06.19 | Category: 東陽町すこやか整骨院

こんにちは、東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

水曜日は、午後にお休みを頂き、セミナーに参加してきました。

お題は「エビデンスに基づいたスポーツ障害診断」

実際に、私達が診断することはできません。(それは、医師の仕事ですので)

しかし、できるだけ正確に痛みの原因を探る必要があります。

そして、的確な治療をすることで早期に痛みの改善や原因の改善を行います。

IMG_2006

エビデンスというと、科学的根拠とか論文とかのイメージがありますが、

単純な話「ベストを尽くすこと」です。では、どうベストを尽くすのか?

それは、3つの大きな柱によって考えられています。

 

①手に入る最善の研究

②専門家の経験と知識

③患者のニーズ・価値観

 

この3つのどれもが大切になります。

最善の研究から得られた情報をうのみにするのではなく、

今までの経験や知識から適切に解釈し、患者のニーズ・価値観を考慮して

最善の治療を行うこと。

 

これが、エビデンスに基づいた治療になります。

当院ではこの考え方を基本としています。

常に適切な治療を行えることを考え、行動していきたいですね。

 

とても勉強になった時間でした!これから、どんどん患者さんに

貢献していきたいですね。

 

個人的には、英語の重要性に改めて気づく日でした(笑)

当院へのアクセス情報

所在地〒135-0016 東京都江東区東陽4-1-2 大朋ビル8階
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5632-6688
休診日日曜・祝日