Blog記事一覧 > 健康豆知識,肩の痛み > 四十肩・五十肩を予防するストレッチ

四十肩・五十肩を予防するストレッチ

2015.07.07 | Category: 健康豆知識,肩の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

今日は、四十肩・五十肩を予防するストレッチのお話です。

 

その前に四十肩・五十肩って結局、なんですか?ということをお話します。

実は医学的には四十肩とか五十肩という病名はないのです。

本来は肩関節周囲炎という呼び方をします。

医師の方が「四十肩だね。」とか言った場合は肩関節周囲炎のことを指します。

 

なんで四十肩・五十肩という名になったのか?

その40代・50代に多いからだです(笑)単純でしょ!!

 

多くの原因の始まりは、肩周りのバランスの崩れです。

背骨が硬くなり始めたり、肩甲骨が自由に動かせなかったり、

昔スポーツで肩を痛めた経験があったり、色々あるとなりやすいです。

 

そして、今日ご紹介するのは上手に行えば痛みの予防に役立つストレッチです。

肩の後ろ側を伸ばすストレッチです。

IMG_0116

写真を説明しますね。

①左腕を真っ直ぐ伸ばします。

②右腕で左腕の肘を胸につけるように引き寄せます

③この時、肘が曲がらないようにすること

④肩甲骨が上がりすぎないこと(首をくすめないこと)

 

大切なことは適切に行うことです。

痛みがある範囲では行わないようにしましょう。

 

当院では、セルフで行える適切なストレッチや体操などをご紹介しています。

日頃から気をつけるべきこと、セルフケアの方法を知ることで

身体の痛みや歪みの改善をより早くします。

 

身体に不調を感じている方は、当院でご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒135-0016 東京都江東区東陽4-1-2 大朋ビル8階
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5632-6688
休診日日曜・祝日