Blog記事一覧 > 東陽町すこやか整骨院,膝の痛み > 傷害からの競技復帰。膝バージョン!

傷害からの競技復帰。膝バージョン!

2015.08.15 | Category: 東陽町すこやか整骨院,膝の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

今日は、お膝の痛みからの競技復帰です。

 

靭帯損傷・半月板損傷などの手術後から、と

腸脛靭帯炎・鵞足炎などのオーバーユースの問題では

競技復帰に向けてスタートする時点で色々と違いがあります。

今日は術後のお話をしたいと思います。

 

手術の方式、術後の管理も実は様々な考え方があります。

ここ最近では、術後はすぐに体重を乗せる練習や膝の曲げ伸ばしをする

練習をすることで出来るだけ動かすことを中心とする術後管理でしたが、

今では術後数週間は固定する考え方も新たに出てきているようです。

これらのどっちがいいかは、医師ではないので分かりませんが

どちらにおいてもメリットとデメリットがありますので、

医師の基で判断していただければと思います。

5197327623_dde9c65af0_b

話を戻しまして、一般的に流れは昔も今も大きな変わりはありません。

①可動域を正常化

②筋力の強化

③筋出力の強化

④左右・前後の筋バランス

⑤筋持久力

⑥コーディネーション

⑦競技復帰

 

という流れでしょうか、ちょっと大雑把過ぎるかもしれませんが。

競技復帰も、練習参加と試合出場では全然違いますし、

練習でも出来ることと、出来ないことがでてくることもあります。

その為には、パフォーマンスについて考える必要がありますが、

長くなるので止めておきましょう。

 

よく「リハビリ」はどのくらいすればいいですか?と聞かれますが

基本的には「毎日」です(笑)

競技復帰を最短にするには、できる限りのことをすること。

復帰を遅くするようなことをしないこと。が大切です。

わからないことがありましたら、お気軽にご連絡ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒135-0016 東京都江東区東陽4-1-2 大朋ビル8階
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5632-6688
休診日日曜・祝日