Blog記事一覧 > 東陽町すこやか整骨院,膝の痛み > 太ももがパンパンになるのは、なぜ?

太ももがパンパンになるのは、なぜ?

2015.08.19 | Category: 東陽町すこやか整骨院,膝の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院、院長の竹野です。

よく、脚がパンパンになるんです!というご相談を受けます。

AG077

脚がパンパンになるには理由があります。

一言で言えば、「使い過ぎ」です。

よく使っている部分は、「張り」が出やすい為、

パンパンになりやすいです。

 

ただ、大切なのは「なぜ?」を考えることです。

では、太ももがパンパンになりやすいのか?

いやいや、使っているからでしょ?と言いたくなるのですが、

基本的には、お尻周りの筋肉が上手に使えていなかったり、

足首のアライメントが崩れていたりしている結果、

太ももをよく使ってしまうことになることがあります。

 

現象には、かならず原因があります。

もちろん原因を特定できるケースもあれば、

なかなか特定できない場合もあります。

 

しかし、使い過ぎているから太ももをストレッチしても

太ももの張りを作る原因までは改善されません。

 

当院では「症状」と「原因」の両方に目を向けて治療を行います。

できるだけ、寄り添った治療を提供することを心がけていますので、

困ったことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒135-0016 東京都江東区東陽4-1-2 大朋ビル8階
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5632-6688
休診日日曜・祝日