Blog記事一覧 > スポーツ外傷・障害,東陽町すこやか整骨院,足首の痛み > 内反捻挫・足関節捻挫は初期処置から大切。

内反捻挫・足関節捻挫は初期処置から大切。

2015.09.14 | Category: スポーツ外傷・障害,東陽町すこやか整骨院,足首の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

今日は、足関節捻挫のお話です。

 

足関節捻挫は、OLのヒールで受傷する場合から

バスケットやサッカーなどのスポーツ競技で受傷する場合まで

様々なケースで発生します。

nennza001

あ!捻った!と思って

冷やして、湿布貼っていたら数日で痛みが治まったのでOK!

と思った方もたくさんいるかと思います。

 

しかし、足関節捻挫を侮ってはいけません。

足関節は、体全体の動きに影響がでる重要な部位になります。

腰痛が起こるのが「足関節の可動域が狭い」ということもありますし、

シンスプリントというスネの痛みも「足関節の可動域が狭い」ことで

発生することがあります。

 

足関節の場合、適切なアライメントによる可動域が確保されないと

何かしらの影響が出てしまうことが多いです。

 

この「適切なアライメント」を受傷直後の初期処置から行うことで、

その後のリハビリの過程が変わってきます。

足関節捻挫を侮らないほうがいいですよ。

そして、「適切なアライメント」の基、しっかり足関節をつかえるように

していきましょう。

 

スポーツでお困りの方は当院に一度ご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒135-0016 東京都江東区東陽4-1-2 大朋ビル8階
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5632-6688
休診日日曜・祝日