Blog記事一覧 > スポーツ外傷・障害,東陽町すこやか整骨院,足首の痛み > 足関節捻挫では適切な足首の背屈が大切

足関節捻挫では適切な足首の背屈が大切

2015.09.15 | Category: スポーツ外傷・障害,東陽町すこやか整骨院,足首の痛み

東陽町すこやか整骨院、院長の竹野です。

今日も昨日に引き続き、足関節捻挫のお話です。

 

内側や外側に捻ってしまって起こる足関節捻挫ですが、

細かく考えるととても複雑なことがたくさんあります。

ただ、すべてを説明すると大変なことになりますし、

文字だけでは理解しにくい部分が多々ありますので、

現在お困りの方は、お気軽に当院へお問い合わせください。

 

さて、足首の背屈とは「つま先立ちの逆」と考えてください。

立位の状態からつま先を床から離す動きになります。

足首が地面から浮いている場合は、足の指先がスネから離れるのが「底屈」

足の指先がスネに近づくのが「背屈」になります。

dict_img_092

この「背屈」が歩行や階段の上り下りなどにとても重要になります。

通常、歩行であれば10度の「背屈」は最低限必要と言われています。

足首の「背屈」は膝・股関節・腰などに大きな影響を与え、

姿勢にもとても関わりのある動きです。

 

その「背屈」も「上手な背屈」と「下手な背屈」があります。

その違いは、足関節の軸に沿った「背屈」ができているか!と、

距腿関節の適切な関節運動が行われているか!の2点です。

 

急に訳の分からない言葉が並びましたね(笑)

気になる方は、当院へご相談ください!!

 

足関節捻挫の場合、痛みの改善だけが治療ではありません。

再発予防・適切な運動連鎖を戻すためには「適切な動き」が必要です。

是非、皆さんの足首が「適切な動き」をしているかチェックしてください!

当院へのアクセス情報

所在地〒135-0016 東京都江東区東陽4-1-2 大朋ビル8階
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5632-6688
休診日日曜・祝日