Blog記事一覧 > 東陽町すこやか整骨院,足の甲と指の痛み,足首の痛み > ヒールの外反母趾は影響を抑えることが大切

ヒールの外反母趾は影響を抑えることが大切

2015.12.15 | Category: 東陽町すこやか整骨院,足の甲と指の痛み,足首の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

いよいよ、冬らしくなってきましたね。そして年末ですね。

忘年会シーズン到来です。やっぱり、いつもより夜の来院数が少ない(悲)

hukugousei

 

今日は、外反母趾についてです。

外反母趾は足部の歪みから起こることがほとんどですが、

急激に曲がってくるわけではありません。

早い人だと高校生位から外反母趾が見られ、そのままにしていたら

大人になった今に痛みが出ているという人もいらっしゃいます。

 

明らかな変形をしていると諦めたくなるのですが、

痛みを緩和させたり、痛みを増幅させないためには

メンテナンスが必要なんですね。

 

当院では手技を中心としたメンテナンスを行い、

セルフメンテナンスの方法、インソールなどをご案内しています。

また、ヒール用のインソールもご案内しております。

 

余談ですが、外反母趾の変形が存在していても痛みのない人もいます。

ただし、足部の歪みは体全体に波及しやすい為、痛みのない人でも

メンテナンスをすることをオススメします。

 

気になる方は当院にてご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒135-0016 東京都江東区東陽4-1-2 大朋ビル8階
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5632-6688
休診日日曜・祝日