強剛拇趾

2018.11.07 | Category: 足の痛み

ご予約はこちらから

強剛拇趾とは、足の親指の付け根の関節(MTP関節、拇趾中足趾節関節)の変形性関節症です。

変形性関節症とは、骨の関節部分を覆っている軟骨が擦り減っている状態です。

強剛拇趾になるとまず関節部に痛みや腫れが出て、次第に関節の可動域制限が出てきます。

原因としては、MTP関節部の外傷や形態異常によるものや痛風によるものがあります。

中年以降の高齢者に多いのも特徴です。

このような症状がありましたら、当院にご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒135-0016 東京都江東区東陽4-1-2 大朋ビル8階
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5632-6688
休診日日曜

駅からの道順

1.AUの看板がある写真は出口1です。出口を出て信号を渡ったファミリーマートの8階です。

2.出口2です。出口を出て左を向くとファミリーマートがあり、そのビルの8階です。

3.1,2とも交差点を目指すとわかりやすいです。

4.こちらのビルの8階です。

バスからの道順

①ゲオの前のバス停は錦糸町方面、西大島、亀戸方面から来る方は都バス07に乗って
東陽町駅前で下車

2.UFJの前のバス停は木場方面から来る方で木11に乗って東陽町駅前で下車。
門前仲町方面から来る方は都07に乗って東陽町駅前で下車。