スポーツ障害

間違った使い方からくるスポーツ障害と予防

多くのスポーツ障害は間違った身体の使い方、可動域(柔軟性)の低下により、身体全体のバランスが崩れることで痛みとして発症します。スポーツ障害を改善するには、痛みへのアプローチだけでは解決できません。痛みを発症させるメカニズムの改善が今後痛みに苦しまない身体にする為にとても大切な事です。

再発予防のために、必要なことは「上手な身体の使い方」を知ること

当院では、多くの競技のトレーナーやトレーニング指導歴を持つ専門家が、痛みの改善と共に、「適切な動作教育」をご提案させていただきます。痛みの改善だけではなく、痛みを出さないエクササイズやストレッチ、身体の使い方を当院で手に入れてください。スポーツ障害でお悩みの方は、一度ご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒135-0016 東京都江東区東陽4-1-2 大朋ビル8階
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5632-6688
休診日日曜・祝日