TEL

膝の痛め方は大きく2つある | 東陽町・東陽町駅・江東区 たけだ整骨院・鍼灸院 東陽町院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害,足の痛み > 膝の痛め方は大きく2つある

膝の痛め方は大きく2つある

2015.08.29 | Category: スポーツ障害,足の痛み

こんにちは、たけだ整骨院・鍼灸院の院長、竹野です。

今日は膝の痛め方についてのお話。

 

すごく簡単なお話です。大きく2種類あります。

①外傷

②障害

の2種類です。簡単ですよね。

nennza001

でも、どちらの種類で怪我になったのかにより

処置やリハビリは大きく変わってきます。

どちらにも共通する話はアライメントのお話だと思いますが、

それはまた別の機会に書きますね。

 

まずは外傷は、外側から何かしらの衝撃や打撃などにより怪我をすること。

外側からの力によって加えられた力によって靭帯や骨などが損傷します。

 

次に障害は、使いすぎや、関節や筋の機能低下によって引き起こされるものです。

どちらかというと、徐々に痛みが進行するような形になります。

 

場合にもよりますが、多くの外傷の場合は安静・固定が優先です。

そして、機能障害の場合は、安静・固定ともに機能を回復させることも大切です。

様々なケースがあるので一概には言えませんが、

外傷に関してはある程度の期間の安静や固定が必要です。復帰にかかるまでに

時間がかなりかかりますし、リハビリの期間もある程度必要です。

 

しかし、早期なスポーツ障害の場合は、炎症の管理と痛みの出る原因を改善すれば

割と早い復帰ができる場合があります。しかし、障害も重症度が増すと

疲労骨折や靭帯損傷がおこりますので、その場合は時間が必要となります。

 

どちらにせよ、怪我をしないことが一番ですので

日頃から予防をしておきましょう。

 

外傷から障害になるケースもあります。外傷にしろ、障害にしろ

しっかりとした施術・リハビリを行うことが重要です。

お困りの方は、当院までご連絡ください。