変形性膝関節症は術前でも治療すべき!

2015.08.22 | Category: 未分類

こんにちは、東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

今日は、変形性膝関節症のお話です。

 

変形性膝関節症は中高年の方、特に女性に多い疾患です。

酷い場合だと手術という形になります。

しかし、手術することで生活が良くなることもあります。

この辺りの詳しいお話は必ずかかりつけの医師とご相談してくださいね。

 

今日は、変形性膝関節症への考え方をお伝えしますね。

膝関節は「太ももの骨」(大腿骨)と「すねの骨」(脛骨)と

「膝のお皿」(膝蓋骨)によって構成されています。

多くの場合は軟骨がすり減り、お膝が内反と言って内側に曲がってしまう事が

多いかと思います。

 

でも、変形してしまった理由はなんだったんでしょう?

前にも少し書きましたが、

遺伝?

筋力不足?

身体の使い方?

過去の怪我のせい?

と、いろいろ考えられますが色々な原因が重なって起こります。

 

ただ共通して言えることは、アライメントが崩れてしまっていることです。

アライメントは「骨があるべき位置関係にあること」を指します。

これが崩れるということは、「骨があるべき位置関係にない」ということで、

関節にとても負担がかかります。

 

その関節に負担をかけたまま、何十年と過ごすと知らぬ間に膝の曲げ伸ばしが

辛くなり、整形外科に行くと「軟骨がすり減ってるね」と言われ、

「これは変形性膝関節症だね」と聞くことが多いのではないのでしょうか?

image_01

これは、変形性膝関節症に人口骨頭を入れる前でも後でも同じことが言えます。

膝のアライメントは術後に急速に戻ることは稀です。

もちろん、大きな内反角度は改善されることが多いと思いますが、

大事なのは生活動作が痛みなく、楽にできるようになることです。

 

変形性膝関節症の場合、立ち方・歩き方などが崩れてしまっている場合が多いので膝の曲げ伸ばしの改善だけではなく、股関節・足関節を術後しっかり動かせるようにしておくことがとても重要になります。

 

手術してすべて解決ではないのです。

手術する前から改善に努力しておくことで、術後にできる限り良い状態を

作っておくことが術後の生活動作改善のキーポイントです。

 

是非、手術するしかない=何もしない、ではありません。

一緒にできることを探してみましょう。

階段の下りで膝が痛い!

2015.08.21 | Category: 東陽町すこやか整骨院,膝の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

今日は、階段の上り下りです。

 

たまたま、駅で階段を降りている人を見て思いました。

とても大変そうだ!

6a0120a62ad4b6970b0120a62ae8e6970b-800wi

階段の下は、意外と色々な要素があります。

まずは、恐怖心です。意外ですよね。

膝が痛い方などは、そのまま転倒するのではないか!と怖がることがあります。

 

次に、膝の曲げ伸ばしができることです。

最低でも60度ほどは曲がって欲しいです。

 

さらに、筋力です。特に階段を降りる際の後ろ足の筋力が大事です。

特に太ももの前の柔軟性と強さが必要になります。

 

最後に姿勢を保つバランスです。階段を降りる行為は、

重心の移動が伴いますので、常に姿勢を保つバランスが必要になります。

 

と、色々な要素があって階段の上り下りができるようになります。

ただ、階段の下りで「膝が痛い」場合は、足首や股関節も関係してくるので

しっかりと体を診る必要があります。

 

階段の上り下りがスムーズではない、痛みがある、などで

お困りの方はお気軽にご相談ください。

太ももがパンパンになるのは、なぜ?

2015.08.19 | Category: 東陽町すこやか整骨院,膝の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院、院長の竹野です。

よく、脚がパンパンになるんです!というご相談を受けます。

AG077

脚がパンパンになるには理由があります。

一言で言えば、「使い過ぎ」です。

よく使っている部分は、「張り」が出やすい為、

パンパンになりやすいです。

 

ただ、大切なのは「なぜ?」を考えることです。

では、太ももがパンパンになりやすいのか?

いやいや、使っているからでしょ?と言いたくなるのですが、

基本的には、お尻周りの筋肉が上手に使えていなかったり、

足首のアライメントが崩れていたりしている結果、

太ももをよく使ってしまうことになることがあります。

 

現象には、かならず原因があります。

もちろん原因を特定できるケースもあれば、

なかなか特定できない場合もあります。

 

しかし、使い過ぎているから太ももをストレッチしても

太ももの張りを作る原因までは改善されません。

 

当院では「症状」と「原因」の両方に目を向けて治療を行います。

できるだけ、寄り添った治療を提供することを心がけていますので、

困ったことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

傷害からの競技復帰。膝バージョン!

2015.08.15 | Category: 東陽町すこやか整骨院,膝の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

今日は、お膝の痛みからの競技復帰です。

 

靭帯損傷・半月板損傷などの手術後から、と

腸脛靭帯炎・鵞足炎などのオーバーユースの問題では

競技復帰に向けてスタートする時点で色々と違いがあります。

今日は術後のお話をしたいと思います。

 

手術の方式、術後の管理も実は様々な考え方があります。

ここ最近では、術後はすぐに体重を乗せる練習や膝の曲げ伸ばしをする

練習をすることで出来るだけ動かすことを中心とする術後管理でしたが、

今では術後数週間は固定する考え方も新たに出てきているようです。

これらのどっちがいいかは、医師ではないので分かりませんが

どちらにおいてもメリットとデメリットがありますので、

医師の基で判断していただければと思います。

5197327623_dde9c65af0_b

話を戻しまして、一般的に流れは昔も今も大きな変わりはありません。

①可動域を正常化

②筋力の強化

③筋出力の強化

④左右・前後の筋バランス

⑤筋持久力

⑥コーディネーション

⑦競技復帰

 

という流れでしょうか、ちょっと大雑把過ぎるかもしれませんが。

競技復帰も、練習参加と試合出場では全然違いますし、

練習でも出来ることと、出来ないことがでてくることもあります。

その為には、パフォーマンスについて考える必要がありますが、

長くなるので止めておきましょう。

 

よく「リハビリ」はどのくらいすればいいですか?と聞かれますが

基本的には「毎日」です(笑)

競技復帰を最短にするには、できる限りのことをすること。

復帰を遅くするようなことをしないこと。が大切です。

わからないことがありましたら、お気軽にご連絡ください。

変形性膝関節症は立ち方・歩き方も重要

2015.08.14 | Category: 東陽町すこやか整骨院,膝の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

お盆休みで高速道路は上り・下り共に混雑が予想されてましたね。

当院では、変わらず診療しております。

 

さて、ここ最近はお膝の投稿が多いのですが、

膝が痛い!と言って来院される方の多くは外側荷重で

立っている方が多いです。

 

日本人の80%はO脚になりやすいと言われている位なので

ある意味致し方ない部分はあると思いますが、

これは意識して変えることは、とても難しいです。

O

みなさんは、歩いている時に両方のつま先がどこに向いているか

考えてみたことはありますか?

 

え、どうだろう?

 

って思った方は、意識したことがない方ですね。

 

なので、意識して立つ・歩くって相当な集中力が必要なんです。

だから、一つずつ改善していきます。

 

外側荷重の場合、足の甲のアライメントが崩れていることが多いので、

足の甲を整えます。そして、内側荷重がどのような感覚なのかを

エクササイズを通して体感してもらいます。

 

それから〜と色々とあるのですが、長いので割愛します。

 

当院では、痛みの改善と共に根本改善にも力を入れています。

階段の昇り降りなどで痛い方は、ぜひご相談ください。

膝の痛みを改善!

2015.08.12 | Category: 東陽町すこやか整骨院,膝の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

階段の上り下り、床からの立ち上がり、色々な場面で

お膝が痛い時ってありますよね。

22-01

今日は変形性膝関節症のお話です。

変形性膝関節症はお膝を構成する骨が少しずつ変形してしまうことです。

なぜ、変形してしまうのかは前回お話しましたが、

すでに変形してしまっている方でも、痛みの改善はできると思います。

 

よく「この変形は治りますか?」と聞かれることが多いですが、

残念ながら「骨の変形」は手術しないと変わりません。

ただ、「お膝の痛み自体は改善できると思いますよ。」とお応えしています。

 

基本的に、変形を直して欲しい!というより、痛みをなんとかして欲しい!

と思っている方がほとんどです。

ただ、お膝の柔軟性を良くして、筋力つければ大丈夫!

ってほど簡単ではありません。

 

お膝が変形するほど、膝に負担のかかる「使い方」をしていること

それにより脚の筋バランスが崩れていること。

以外に行うべきことが多いのです。

一つずつ改善して、痛みを出さない体づくりをしましょう。

 

身体で困ったことがある方は、お気軽お問い合わせください。

東陽町すこやか整骨院 お盆も診療中!

2015.08.11 | Category: 東陽町すこやか整骨院

東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

お盆です。通勤電車が比較的に空いています。

 

患者さんから「夏休みは?」と聞かれますが、

私、「無いですよ」と答える。

患者さん、「がんばるわね〜」とおっしゃる。

私、「社長がやすまないので(笑)」とお答えする。

 

私が院長になってからお盆休みはありません。

毎年、通常通り診療しています!

 

別の患者さん、「今年のお盆休みは?」と聞かれる。

私、「去年もないですよ(笑)」とお答えする。

患者さん、「がんばるわね〜」とおっしゃる

私、「なので、しっかり治療しに来てくださいね」とお答えする。

 

当院では、通常通り診療しております。

身体の痛みなどでお悩みの方、日頃忙しくて治療できない方は、

この機会にしっかり治療しましょう。

 

お気軽にお電話ください。

変形性膝関節症は筋力のせい?

2015.08.10 | Category: 東陽町すこやか整骨院,膝の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

変形性膝関節についていのお話。

 

変形性膝関節症はある程度の年齢を重ねると、お膝を構成する3つの骨が

変形して動きを悪くしたり、それにより痛みを出すものです。

特に女性に多いものです。

 

よく言われることとして、

お膝周りの筋力をつけましょう!って言われたことありませんか?

基本的には、筋力があったほうがいいです。

 

でも、過去に92歳で足も細いけど、変形もしていないし、

痛みもない方がいました。

これって筋力があるから変形しないのかなって考えましたが、

やっぱり筋力以外にも変形性になる要素って沢山あるんですよね、

 

なんせフィットネスクラブのベテランインストラクターの方であっても

変形性膝関節症になっている方がいらっしゃいます。

 

では、何が原因として考えられるのか?

①遺伝的要素(明確な事はわかりませんが、ないとは言えない)

②日常生活動作のクセ

③運動不足

④骨のアライメント不良

⑤過去のお膝の怪我(靭帯損傷・半月板損傷レベル)

⑥その他

topics_vol075

以外と色々な要素があります。

一概に「筋力がない」から起こるものでもありません。

ただし、「筋力がない」ことも大きな要因になりますので、

トレーニングすること自体はオススメします。

適切なトレーニングであれば、身体は良くなりますので

試みてください。

ジャンパー膝は、膝の使いすぎで起こる。

2015.08.08 | Category: 東陽町すこやか整骨院,膝の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

今日もお膝のお話です。お膝の痛みもいろいろある証拠ですね。

さて、今日はバスケットボールやバレーボールなどで多い、

ジャンパー膝についてです。

o0600040013028113919

ジャンパー膝は、ジャンプの行い過ぎで起こる事が非常に多いです。

ジャンパー膝も細かく考えるといろいろとあるのですが、

個人差があったり、文章で説明するのがとても大変なので割愛しますが、

お膝のお皿の前側痛くなる状態です。

 

太ももの前の大腿四頭筋という筋肉をストレッチすることで

ケアをしたりできるのですが、これでは根本解決になりません。

 

前回の投稿でもあるように、私たちは「なぜ?」中心に考えます。

なぜ、お膝の前が痛くなったのか? なぜ、太ももの前が張るのか?

いろいろと考えたうえで根本解決を目指します。

 

もちろん、痛みのコントロールも大切ですから痛みに対する処置も

しっかり行います。

スポーツによる怪我でお悩みの方は、一度ご相談ください。

腸脛靭帯炎は、膝だけの問題ではない!

2015.08.07 | Category: 東陽町すこやか整骨院,膝の痛み

こんにちは、東陽町すこやか整骨院の院長、竹野です。

この暑い時期ですので、ランナーさんの活動は減っているようですが、

当院でも、ランナーさんによる膝の痛みは非常に多いです。

5197327623_dde9c65af0_b

腸脛靭帯炎というのは、走ったり、膝の曲げ伸ばしで

お膝の外側が痛くなることが代表的な症状です。

 

腸脛靭帯炎ですから、大腿筋膜張筋のストレッチをしましょう。

ということが一般的に言われていることだと思いますが、

それだけでは対処療法でしかありません。

 

なぜ?そうなってしまったのか?左は大丈夫なのに、右が痛い!のはなぜ?

そのなぜ?を追求して根本改善をします。

このなぜ?は個人によって様々ですので当院でお気軽にご相談ください。

 

あなたの腸脛靭帯炎は、お膝だけの問題ではありません。

走る運動は、骨盤・股関節・足関節・走り方など様々な要素が

組み合わさっていますのでしっかり原因を考えることが

根本改善には大切なことです。

当院へのアクセス情報

所在地〒135-0016 東京都江東区東陽4-1-2 大朋ビル8階
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5632-6688
休診日日曜・祝日